HOME  >  スポンサー広告 >  ソフトウェア開発 >  リボン UI の要素を検索する その 2

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- | カテゴリ:スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

リボン UI の要素を検索する その 2

Migemize Windows に機能追加中
前回挙がっていた問題をいくつか解決

展開できるボタン(ポップアップを持つボタン)がある場合、中の要素を取得できない

段階を踏んで、取得できるようにしました。
以下は、ブラシの要素を取得する例です。
mw_menu103.jpg
展開できるボタンの場合、「>」が名称に付加されます。
mw202.jpg
これを選択して、TAB キーを押下すると中の要素が表示されます。
このリストから選択、実行もできます。 mw203.jpg

検索が遅い

遅延ロードで対応することにしました。
ウィンドウを早めに表示し、ユーザのキー入力を先行して受け付けるようにしています。
そうすれば、ユーザがキー入力している間に要素の取得処理が終わってくれる……かも。
少なくともユーザが何もせずに待つ時間が減るので、ストレスは軽減されるはず。
下は「ヘルプ」まで取得した状態でウィンドウが表示されています。
mw200.jpg
全要素を取得し終えたら、リストの内容が更新されます。
下の例だと、「ホーム」リボンに含まれる要素の取得が終わり、「ヘルプ」の下に追加されています。
mw201.jpg

その他の変更点

実行できない要素は文字色を変えています。(上の例だと、文字色がシアンの要素)

次やることメモ

ツールバーの要素も取得できるようにする

一旦、実装したが、アプリケーションによっては全ての要素の名称を取得できない。
理由がよく分からない。
振舞いを見るかぎり、最後に実行した要素の名称だけは取得できている。
MSAA、 UI Automation、Win32 API、どれ使っても結果が同じだったので、どうしよう……。

メニューの取得方法を改善する

中途半端に取得できたり、全く取得できなかったり、これも謎が多い……が、
Win32 API でしか試してないので、まだ希望はあるかも。
ただ、MSAA、 UI Automation どちらを使うにしても、遅延ロードは必須になりそう。
2014/10/28 | カテゴリ:ソフトウェア開発 | トラックバック(1) | コメント(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://uisteven.blog.fc2.com/tb.php/72-d3450d26

-
管理人の承認後に表示されます
[2016/12/02 16:34]
外部リンク

カンパのお願い
公開しているソフトウェアはフリーウェアなので無料でご利用いただけます。 気に入ってくださった方は、Amazon でお買い物をする際に下記のリンクを経由して頂ければ励みになります。

検索BOX・タグ一覧
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。