HOME  >  スポンサー広告 >  UI >  Migemo をもっと活用したい@Windows

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- | カテゴリ:スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

Migemo をもっと活用したい@Windows

Migemo を Windows シェルに組み込めたら便利だなあと思う今日この頃です。

Migemo とは?

Migemo はローマ字のまま日本語をインクリメンタル検索するためのツールです。
かな漢字変換をすることなく日本語のインクリメンタル検索を快適に行うことができます。
Migemo: ローマ字のまま日本語をインクリメンタル検索より


こんなことをしたい

たとえば、コンボボックス。要素がたくさんあると探すのが面倒。(住所入力時の都道府県とか)
ここで Migemo ですよ!
Migemo を組み込むことができれば、キーボード入力すれば選択したい要素を検索できる!
「東京」だったら「tou」と入力すれば、OK!といった感じです。(もしかしたら島根が先かもしれないけど。)

ちなみにコンボボックスはこれのこと↓

他にも、スタートメニューのプログラムとファイルの検索とかで Migemo を使えないものかと。

シェルに組み込むかたちでなければ、後者はともかく、前者は割と簡単に実現できそうな気がしてきた。
というかすでに誰か作ってるかもしれないレベルな気がするので明日にでも探してみよう。
Migemize Explorer とかあったんだし。
(Migemize Explorer は残念ながら Windows 7 64bit だと動かないんだよね。。)

2013/10/02 | カテゴリ:UI | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://uisteven.blog.fc2.com/tb.php/8-2cf731f6

外部リンク

カンパのお願い
公開しているソフトウェアはフリーウェアなので無料でご利用いただけます。 気に入ってくださった方は、Amazon でお買い物をする際に下記のリンクを経由して頂ければ励みになります。

検索BOX・タグ一覧
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。