HOME  >  UI

Migemo をもっと活用したい@Windows まだまだつづく

この前のつづき。

Windows 7 以降で Explorer 内のリストビューを Migemo で検索しようとしたら、
見える範囲の要素しか検索対象にできない問題。

Windows 7 以降の Explorer の実装が変わったためで、Windows Automation API では、
見える範囲しか要素を取得できないようです。

対応策として、Explorer のリストビュー を Vista 同様にしてしまう方法があります。
下記、記事の koalabear さんの書き込みが参考になります。
How to get the right hand pane ( DirectUIHWND ) in Windows 7

キモは、SetFolderViewOptions を使って FVO_VISTALAYOUT を設定しているところです。
ここで、リストビューを Vista と同様にしています。

ただ微妙なのが、一度フォルダ移動しないと設定が反映されないことと、
explorer を起動するたびに設定しなきゃならないということ。

まだ試してはいないけど、根本的にレジストリを書き換えてしまうというのもあります。
use the old Vista ListView control instead of the Windows 7 ItemsView.

こっちなら、いちいち設定変更の処理を実行する必要はなくなります。
ただ、過去のリストビューを利用しつづけるというのも、うーん。
結局 Explorer だけ特殊な処理をするのなら、
独自に Explorer のファイル一覧を取得する処理を入れちゃったほうがいい気がしてきた。。
もう少し考えてみよう。
2013/10/07 | カテゴリ:UI | トラックバック(0) | コメント(0)

Migemo をもっと活用したい@Windows さらにつづく

気が向いたので、コンボボックス内を Migemo で検索ができるものを作りはじめる。
コンボボックス内を migemo 検索するものはざっくりと作れた。
ついでに、ツリービューの検索もできた。
ただ、Explorer で試してみたら、リストビュー、データグリッドの検索結果がおかしい。
なぜか見える範囲の要素しか検索対象にできない。。。
コンボボックス、ツリービューは問題ないんだけどなあ。
AccExplorer で調べても見える範囲の要素しか取れてないから、Explorer はそういう仕様なのかな。

2013/10/07 追記
調べてみたら Windows 7 以降では、Explorer のリストビューは「DirectUIHWND」という class に覆われてしまっていて、上記のような振舞いをする模様。
解決策も無くはないけど詳細は次の記事にて。

ちなみに検索結果はこんな感じです↓ 「han」と入力して「半角空白」が選択されるところ
migemize001.jpg
2013/10/05 | カテゴリ:UI | トラックバック(0) | コメント(0)

Migemo をもっと活用したい@Windows つづき

Windows 7 64bit で動作する、コンボボックス内を Migemo で検索ができるアプリケーションは結局見つからず。。
(Migemize Explorer しかなかったみたい)

気が向いたら、ためしに作ってみよう。
Windows Automation API 使えば作成はお手軽な感じがする。
C/Migemo の C# ラッパーも GitHub にあったことだし。
あーでも、グローバルフックが必須なのか。DLL 作成があるのは面倒だなあ。
そういえば C# ってキーボード入力とマウス入力は exe だけでグローバルフックできるんだったような。
まず、この辺りを最初に調べよう。
そしてもう寝よう。

2013/10/03 | カテゴリ:UI | トラックバック(0) | コメント(0)

Migemo をもっと活用したい@Windows

Migemo を Windows シェルに組み込めたら便利だなあと思う今日この頃です。

Migemo とは?

Migemo はローマ字のまま日本語をインクリメンタル検索するためのツールです。
かな漢字変換をすることなく日本語のインクリメンタル検索を快適に行うことができます。
Migemo: ローマ字のまま日本語をインクリメンタル検索より


こんなことをしたい

たとえば、コンボボックス。要素がたくさんあると探すのが面倒。(住所入力時の都道府県とか)
ここで Migemo ですよ!
Migemo を組み込むことができれば、キーボード入力すれば選択したい要素を検索できる!
「東京」だったら「tou」と入力すれば、OK!といった感じです。(もしかしたら島根が先かもしれないけど。)

ちなみにコンボボックスはこれのこと↓

他にも、スタートメニューのプログラムとファイルの検索とかで Migemo を使えないものかと。

シェルに組み込むかたちでなければ、後者はともかく、前者は割と簡単に実現できそうな気がしてきた。
というかすでに誰か作ってるかもしれないレベルな気がするので明日にでも探してみよう。
Migemize Explorer とかあったんだし。
(Migemize Explorer は残念ながら Windows 7 64bit だと動かないんだよね。。)

2013/10/02 | カテゴリ:UI | トラックバック(0) | コメント(0)

目に優しい配色 Solarized

今まで、説明もなくしれっと書いてきた Solarized について、つらつらと。
このブログでも Solarized の配色を利用させてもらってます。

Solarized とは?

モノトーン 8 色 + 強調色 8 色の計 16 色で構成されたカラーパレット。
明るい場所、暗い場所、ディスプレイ自体の明暗等、様々な状況で見やすいようにテストされている。
公式サイト Solarized - Ethan Schoonover
    ざっくりと特徴を
  1. コントラストが低めなので、目が疲れにくい。
  2. コントラストが低いにもかかわらず、見やすさが犠牲になっていない。
  3. 明背景、暗背景の 2 種類があり、切り替えても違和感を感じない。
Putty、Vim、Emacs、Visual Studio などで Solarized を使用できる設定ファイルが有志により用意されています。
他にも公式サイトには色空間の話や特徴の詳細とかもあるので、興味ある方はご覧ください。
2013/10/01 | カテゴリ:UI | トラックバック(0) | コメント(0)
外部リンク

カンパのお願い
公開しているソフトウェアはフリーウェアなので無料でご利用いただけます。 気に入ってくださった方は、Amazon でお買い物をする際に下記のリンクを経由して頂ければ励みになります。

検索BOX・タグ一覧